早くシミをどうにかしたい!即効性を求めるなら

今すぐシミをどうにかしたいと考えている人もいることでしょう。
シミ消しの美容液でも効果が出ない人はどうしようと悩むことかと思います。

そんな人に即効性のある確実な方法を紹介します。
いろいろな方法を試してだめだった人も高い効果を得られます。

シミ消しレーザー治療について

化粧品で効果がない場合や、即効性を求めるなら専門機関でレーザー治療をすることをおすすめします。
そもそもレーザー治療とは、レーザーをシミの部分に照射することで、シミの原因となるメラニン色素を焼き切るやり方です。

このやり方はメラニン色素だけに反応して働くため、正常な皮膚を傷つけたりすることはありませんので
心配はいりません。

治療に関しては、個人によって違ってくるようですが、あまりたいしたことのない刺激で済むことが多いようです。
1回の照射で取り除くことは難しいため、数回の照射を行い完全に除去していくことになります。

治療の過程について

まず、レーザーの熱がメラニンを分解していきます。
そうすると、照射部分が軽いやけど状態になります。

その部分がしばらくすると、かさぶたになって剥がれ落ちるのです。
剥がれた直ぐ後の皮膚はピンク色ですが、時間が経つとだんだん周りの皮膚と同化していき目立たないようになってきます。

注意点としては、新しい皮膚ができる前にかさぶたが剥がれないようにすることです。
早く剥がれると、そこから出血の恐れがありますので、その部分を掻いたり触ったりしないようにしてください。
色素が沈着する可能性がありますので、治療部分には紫外線を当てないようにしてください。

この2点のことを気を付けるために、絆創膏を通常は貼ります。

治療の効果について

シミの種類によっては効果的なものとそうでないものがあります。
高齢者が老化による皮膚の変かが原因である、老人性色素斑については効き目がありますが
額や頬または目や口の周りに左右対称にできる褐色のシミに対しては効き目がありません。

また、できたばかりのシミについてはすぐに取り除くことができますが、古いシミについては数回の治療が必要となってきます。
長い年月をかけて沈着していったシミについては、皮膚の表面ではなく奥の方を焼かないといけないため
何回も時間をかけて治療を行う必要があるのです。

費用について

かかる費用は、シミの大きさで変わってきます。
保険は適用できず、5mm程度の大きさで1万円~1万5千円くらいとなります。

また、クリニックによってレーザーの種類も多々あるので受ける前にはよく説明を受けてください。
レーザーの場合も人によって効果が違ってくるため、受ける前に医師に相談の上納得して治療を行うようにしましょう。

化粧品ならシミトリーがいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です