強い日焼けをした後にできるしみ花弁状色素斑はレーザー治療がおすすめ

強い紫外線をあびると、老人性色素斑以外にも、花弁状色素斑というシミができます。背中や肩、胸や腕などに多く現れます。色も濃く、数も多くなるため、美白ケア化粧品では消すことができません。花弁状色素斑を消すには、レーザー治療が有効です。

花弁状色素斑とは

背中などに、ほくろに似たシミがたくさんできている人を見かけたことはありませんか。見えていないだけで、あなたの背中にもあるかもしれません。背中だけでなく、肩や胸、腕などにも、そばかすのようにたくさんのシミが散らばっていることがあります。これらのシミは花弁状色素斑です。

海やプールなどで日焼けをしたり、大量の紫外線を浴びたことが原因でこのようなシミができます。加齢とともに肌の表面に現れてくることが多いですが、20代でもこのシミがある人はいます。

目立って気になり、肌を出すのを躊躇ってしまう人も大勢います。ですが、このシミは、レーザー治療で数回に分けて治療をすることで、薄くしたりなくしたりすることができます。

BIHAKU ホワイトエッセンスを使うのもいいですよ。

レーザー治療はどうやるのか

複数回にわたって照射をする必要があります。メラニンによって黒っぽくなった色素斑の部分を破壊したり、メラニン色素の排出を促したりする治療方法があります。照射直後は、シミが濃くなったように見える場合もありますが、照射部が炎症を起こして色素沈着するためです。美白材を利用しながら照射を続けていくことで、色素を薄くしていくことが可能です。

もともと色が薄いシミの場合には、肌への負担が少ない光治療でかなりの効果が期待できます。複数回の照射が必要になりますが、メラニンを排出してシミをほとんど目立たない状態にすることができます。

医療機関に相談をする

シミを本気でなくしたいと考えているのなら、医療機関へ行って相談してみてください。それなりに費用はかかりますが、確実にシミを薄くしたりなくしたりすることができます。自分で美白ケアをしようとして、上手くいかずにやきもきするより、専門家の治療を受けて確実に効果を期待できる方が、ストレスも少なくて済むかもしれません。

日焼けによるシミだけでなく、ニキビ跡の治療や、その他のシミの治療に関しても、相談にのってもらえます。

シミを消すのを、あきらめなくていい

シミは老化現象だから仕方ない、とあきらめる必要はありません。医療機関では高度な技術で確実にシミを薄くすることができます。悩んでいるのなら、1度相談をしてみてください。

髪の毛が気になる人はベルタシャンプー 効果も確認して使ってみてもいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です