あなたは間違ったスキンケアをしていませんか?

毎日スキンケアをしっかりしているつもりなのに、全く効果を実感できずに肌がボロボロ。
そんな悩みを抱えている人もいるかもしれません。
ですがもしかするとその肌がボロボロになったのは、間違ったスキンケアが原因の可能性があります。

なので今からスキンケアでよくやりがちな間違った方法をいくつか紹介していきます。
もし間違ったスキンケアを実践していた人は、即効止めて正しいスキンケアを始めましょう。

眉にはマユライズなどもおすすめですよ。

まず昔流行ったスキンケアで、天然水のミスとを持ち歩き、肌が乾いたと思った時に、ミストを肌に与える方法です。
一見、乾燥した肌に水分で潤いを与えているので、乾燥肌を予防するスキンケアのように思えます。
確かに一瞬水分を与える事で、肌は潤ったように感じますが、すぐに肌の表面についた水分は蒸発します。

そして蒸発する時に気化熱が発生するので、乾燥状態が悪化してしまいます。
洗顔した肌も水で濡れた状態ですが、すぐにタオルで顔を拭いて肌がツッパラないように慌てて化粧水をつけますよね。
つまり水分だけを与えても不十分で、肌には保湿成分を与えなければ本当の意味で肌は潤う事はありません。

また冬になると空気が乾燥するため、乾燥肌が悪化する季節です、
そのため季節によってスキンケアを変えて、夏はさっぱり系のテクスチャーを使用しているけれど、冬はしっとり系のテクスチャーを使用しているという人も多いでしょう。
しかしこれも間違ったスキンケアだと言えます。

なぜかというと、しっとり系のテクスチャーには、シリコンが配合されていて、肌の皮脂膜の代わりに肌の膜を覆う事で潤いをキープします。
ですがこのシリコン配合のテクスチャーを使い続ければ、肌は過保護に育てられ自分で皮脂膜を作らなくなってしまいます。
自分で皮脂膜を作れなくなった肌は、シリコン配合テクスチャー以外のテクスチャーを使用すると、肌の乾燥は悪化してしまいます。

またスキンケアはケチらずたっぷり使用するのがいいと言われます。
確かに一理あって、高額なスキンケア用品だからと少量しか使用しないと、なかなか効果を実感できません。
ですが多ければ多いという類のモノではなく、過剰摂取をすると肌は吸収の限界を超えて、パンクし肌トラブルを引き起こすので、使用量を守り利用するのが1番です。

他にも肌ナチュールなどがいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です