どうやって美白ケアすればいいの?

美白にはどうやってケアをすればいいか迷ってしまう部分もあります。
主に顔や腕などは紹介されているものですが、首の美白ケアについてはあまり触れられていません。

しかし、首は見えにくいですが顔の延長線上にあり、大事な部分です。
首の美白ケアのやり方について説明します。

首の日焼けケアについて

首はとても大事な部分です。
首が日焼けしてしまい、顔だけ美白していると、顔の化粧が厚塗りのように見えてしまい
格好が悪く見えてしまいます。

首は前と後ろに分かれています。
それぞれケアの仕方が異なっており、前側は顔と同じ方法で行い
後ろ側は体と同じ方法で行います。

前側については、鏡で確認もしやすいため、できているシミも見つけやすいです。
しかも、受ける紫外線も少なく、肌も柔らかく保つことができます。

逆に首の後ろ側は紫外線を受けやすくなっており、日中に受けている紫外線のほぼすべてを
首の後ろ側で受けている状態です。
紫外線をたくさん浴びて刺激を受けている肌は、乾燥気味で固くなっていきます。

乾燥肌 クレンジング ランキング

首の前側の美白ケア

この方法はすでにできてしまっているシミにも対策ができます。
首は顔の延長線上にあり、その先にはデコルテもあります。
これも首と合わせてケアすることが大切です。

首のリンパの流れが良くないと40代以降のシミの原因にもなりますので
顔と同じ化粧品を使って、マッサージも行いながら塗り広げましょう。

美白-wiki

首の後ろ側のケア

首の後ろは自分では見えませんので、シミもできてしまっている可能性もあります。
また、十分に洗えない事で色素沈着が乾燥肌に加えてできることも考えられます。

気になるならば、人に携帯で写真を撮ってもらって確認してみましょう。
気づかないうちに、カサカサのゾウ肌になっているかもしれません。

顔用のものを使うと効果が弱いので、体用の美白ケアを使いましょう。

首の日焼け予防

外に出る時には、首にも忘れず日焼け止めを塗りましょう。
朝のスキンケアと同時に行っておけば、どんどん強くなる日差しの中でも安心して紫外線から守ることができます。

日焼け止めにもなるべく低刺激で、せっけんで簡単に落とせるものを選ばないと
残ってしまうことで、肌への負担を作ってしまいます。

更に日焼け止めのサプリメントを事前に飲むことでも対策ができます。

こうした、紫外線対策を事前に行って、その日の夜にはスキンケアとともに首のケアも忘れずに日々行っていってください。
首は見逃しがちですが、日々小まめに手入れを行いましょう。

スムースビップ 効果も見ていってください

早くシミをどうにかしたい!即効性を求めるなら

今すぐシミをどうにかしたいと考えている人もいることでしょう。
シミ消しの美容液でも効果が出ない人はどうしようと悩むことかと思います。

そんな人に即効性のある確実な方法を紹介します。
いろいろな方法を試してだめだった人も高い効果を得られます。

シミ消しレーザー治療について

化粧品で効果がない場合や、即効性を求めるなら専門機関でレーザー治療をすることをおすすめします。
そもそもレーザー治療とは、レーザーをシミの部分に照射することで、シミの原因となるメラニン色素を焼き切るやり方です。

このやり方はメラニン色素だけに反応して働くため、正常な皮膚を傷つけたりすることはありませんので
心配はいりません。

治療に関しては、個人によって違ってくるようですが、あまりたいしたことのない刺激で済むことが多いようです。
1回の照射で取り除くことは難しいため、数回の照射を行い完全に除去していくことになります。

治療の過程について

まず、レーザーの熱がメラニンを分解していきます。
そうすると、照射部分が軽いやけど状態になります。

その部分がしばらくすると、かさぶたになって剥がれ落ちるのです。
剥がれた直ぐ後の皮膚はピンク色ですが、時間が経つとだんだん周りの皮膚と同化していき目立たないようになってきます。

注意点としては、新しい皮膚ができる前にかさぶたが剥がれないようにすることです。
早く剥がれると、そこから出血の恐れがありますので、その部分を掻いたり触ったりしないようにしてください。
色素が沈着する可能性がありますので、治療部分には紫外線を当てないようにしてください。

この2点のことを気を付けるために、絆創膏を通常は貼ります。

治療の効果について

シミの種類によっては効果的なものとそうでないものがあります。
高齢者が老化による皮膚の変かが原因である、老人性色素斑については効き目がありますが
額や頬または目や口の周りに左右対称にできる褐色のシミに対しては効き目がありません。

また、できたばかりのシミについてはすぐに取り除くことができますが、古いシミについては数回の治療が必要となってきます。
長い年月をかけて沈着していったシミについては、皮膚の表面ではなく奥の方を焼かないといけないため
何回も時間をかけて治療を行う必要があるのです。

費用について

かかる費用は、シミの大きさで変わってきます。
保険は適用できず、5mm程度の大きさで1万円~1万5千円くらいとなります。

また、クリニックによってレーザーの種類も多々あるので受ける前にはよく説明を受けてください。
レーザーの場合も人によって効果が違ってくるため、受ける前に医師に相談の上納得して治療を行うようにしましょう。

化粧品ならシミトリーがいいですよ。