あなたは間違ったスキンケアをしていませんか?

毎日スキンケアをしっかりしているつもりなのに、全く効果を実感できずに肌がボロボロ。
そんな悩みを抱えている人もいるかもしれません。
ですがもしかするとその肌がボロボロになったのは、間違ったスキンケアが原因の可能性があります。

なので今からスキンケアでよくやりがちな間違った方法をいくつか紹介していきます。
もし間違ったスキンケアを実践していた人は、即効止めて正しいスキンケアを始めましょう。

眉にはマユライズなどもおすすめですよ。

まず昔流行ったスキンケアで、天然水のミスとを持ち歩き、肌が乾いたと思った時に、ミストを肌に与える方法です。
一見、乾燥した肌に水分で潤いを与えているので、乾燥肌を予防するスキンケアのように思えます。
確かに一瞬水分を与える事で、肌は潤ったように感じますが、すぐに肌の表面についた水分は蒸発します。

そして蒸発する時に気化熱が発生するので、乾燥状態が悪化してしまいます。
洗顔した肌も水で濡れた状態ですが、すぐにタオルで顔を拭いて肌がツッパラないように慌てて化粧水をつけますよね。
つまり水分だけを与えても不十分で、肌には保湿成分を与えなければ本当の意味で肌は潤う事はありません。

また冬になると空気が乾燥するため、乾燥肌が悪化する季節です、
そのため季節によってスキンケアを変えて、夏はさっぱり系のテクスチャーを使用しているけれど、冬はしっとり系のテクスチャーを使用しているという人も多いでしょう。
しかしこれも間違ったスキンケアだと言えます。

なぜかというと、しっとり系のテクスチャーには、シリコンが配合されていて、肌の皮脂膜の代わりに肌の膜を覆う事で潤いをキープします。
ですがこのシリコン配合のテクスチャーを使い続ければ、肌は過保護に育てられ自分で皮脂膜を作らなくなってしまいます。
自分で皮脂膜を作れなくなった肌は、シリコン配合テクスチャー以外のテクスチャーを使用すると、肌の乾燥は悪化してしまいます。

またスキンケアはケチらずたっぷり使用するのがいいと言われます。
確かに一理あって、高額なスキンケア用品だからと少量しか使用しないと、なかなか効果を実感できません。
ですが多ければ多いという類のモノではなく、過剰摂取をすると肌は吸収の限界を超えて、パンクし肌トラブルを引き起こすので、使用量を守り利用するのが1番です。

他にも肌ナチュールなどがいいですよ。

強い日焼けをした後にできるしみ花弁状色素斑はレーザー治療がおすすめ

強い紫外線をあびると、老人性色素斑以外にも、花弁状色素斑というシミができます。背中や肩、胸や腕などに多く現れます。色も濃く、数も多くなるため、美白ケア化粧品では消すことができません。花弁状色素斑を消すには、レーザー治療が有効です。

花弁状色素斑とは

背中などに、ほくろに似たシミがたくさんできている人を見かけたことはありませんか。見えていないだけで、あなたの背中にもあるかもしれません。背中だけでなく、肩や胸、腕などにも、そばかすのようにたくさんのシミが散らばっていることがあります。これらのシミは花弁状色素斑です。

海やプールなどで日焼けをしたり、大量の紫外線を浴びたことが原因でこのようなシミができます。加齢とともに肌の表面に現れてくることが多いですが、20代でもこのシミがある人はいます。

目立って気になり、肌を出すのを躊躇ってしまう人も大勢います。ですが、このシミは、レーザー治療で数回に分けて治療をすることで、薄くしたりなくしたりすることができます。

BIHAKU ホワイトエッセンスを使うのもいいですよ。

レーザー治療はどうやるのか

複数回にわたって照射をする必要があります。メラニンによって黒っぽくなった色素斑の部分を破壊したり、メラニン色素の排出を促したりする治療方法があります。照射直後は、シミが濃くなったように見える場合もありますが、照射部が炎症を起こして色素沈着するためです。美白材を利用しながら照射を続けていくことで、色素を薄くしていくことが可能です。

もともと色が薄いシミの場合には、肌への負担が少ない光治療でかなりの効果が期待できます。複数回の照射が必要になりますが、メラニンを排出してシミをほとんど目立たない状態にすることができます。

医療機関に相談をする

シミを本気でなくしたいと考えているのなら、医療機関へ行って相談してみてください。それなりに費用はかかりますが、確実にシミを薄くしたりなくしたりすることができます。自分で美白ケアをしようとして、上手くいかずにやきもきするより、専門家の治療を受けて確実に効果を期待できる方が、ストレスも少なくて済むかもしれません。

日焼けによるシミだけでなく、ニキビ跡の治療や、その他のシミの治療に関しても、相談にのってもらえます。

シミを消すのを、あきらめなくていい

シミは老化現象だから仕方ない、とあきらめる必要はありません。医療機関では高度な技術で確実にシミを薄くすることができます。悩んでいるのなら、1度相談をしてみてください。

髪の毛が気になる人はベルタシャンプー 効果も確認して使ってみてもいいですよ。

どうやって美白ケアすればいいの?

美白にはどうやってケアをすればいいか迷ってしまう部分もあります。
主に顔や腕などは紹介されているものですが、首の美白ケアについてはあまり触れられていません。

しかし、首は見えにくいですが顔の延長線上にあり、大事な部分です。
首の美白ケアのやり方について説明します。

首の日焼けケアについて

首はとても大事な部分です。
首が日焼けしてしまい、顔だけ美白していると、顔の化粧が厚塗りのように見えてしまい
格好が悪く見えてしまいます。

首は前と後ろに分かれています。
それぞれケアの仕方が異なっており、前側は顔と同じ方法で行い
後ろ側は体と同じ方法で行います。

前側については、鏡で確認もしやすいため、できているシミも見つけやすいです。
しかも、受ける紫外線も少なく、肌も柔らかく保つことができます。

逆に首の後ろ側は紫外線を受けやすくなっており、日中に受けている紫外線のほぼすべてを
首の後ろ側で受けている状態です。
紫外線をたくさん浴びて刺激を受けている肌は、乾燥気味で固くなっていきます。

乾燥肌 クレンジング ランキング

首の前側の美白ケア

この方法はすでにできてしまっているシミにも対策ができます。
首は顔の延長線上にあり、その先にはデコルテもあります。
これも首と合わせてケアすることが大切です。

首のリンパの流れが良くないと40代以降のシミの原因にもなりますので
顔と同じ化粧品を使って、マッサージも行いながら塗り広げましょう。

美白-wiki

首の後ろ側のケア

首の後ろは自分では見えませんので、シミもできてしまっている可能性もあります。
また、十分に洗えない事で色素沈着が乾燥肌に加えてできることも考えられます。

気になるならば、人に携帯で写真を撮ってもらって確認してみましょう。
気づかないうちに、カサカサのゾウ肌になっているかもしれません。

顔用のものを使うと効果が弱いので、体用の美白ケアを使いましょう。

首の日焼け予防

外に出る時には、首にも忘れず日焼け止めを塗りましょう。
朝のスキンケアと同時に行っておけば、どんどん強くなる日差しの中でも安心して紫外線から守ることができます。

日焼け止めにもなるべく低刺激で、せっけんで簡単に落とせるものを選ばないと
残ってしまうことで、肌への負担を作ってしまいます。

更に日焼け止めのサプリメントを事前に飲むことでも対策ができます。

こうした、紫外線対策を事前に行って、その日の夜にはスキンケアとともに首のケアも忘れずに日々行っていってください。
首は見逃しがちですが、日々小まめに手入れを行いましょう。

スムースビップ 効果も見ていってください

早くシミをどうにかしたい!即効性を求めるなら

今すぐシミをどうにかしたいと考えている人もいることでしょう。
シミ消しの美容液でも効果が出ない人はどうしようと悩むことかと思います。

そんな人に即効性のある確実な方法を紹介します。
いろいろな方法を試してだめだった人も高い効果を得られます。

シミ消しレーザー治療について

化粧品で効果がない場合や、即効性を求めるなら専門機関でレーザー治療をすることをおすすめします。
そもそもレーザー治療とは、レーザーをシミの部分に照射することで、シミの原因となるメラニン色素を焼き切るやり方です。

このやり方はメラニン色素だけに反応して働くため、正常な皮膚を傷つけたりすることはありませんので
心配はいりません。

治療に関しては、個人によって違ってくるようですが、あまりたいしたことのない刺激で済むことが多いようです。
1回の照射で取り除くことは難しいため、数回の照射を行い完全に除去していくことになります。

治療の過程について

まず、レーザーの熱がメラニンを分解していきます。
そうすると、照射部分が軽いやけど状態になります。

その部分がしばらくすると、かさぶたになって剥がれ落ちるのです。
剥がれた直ぐ後の皮膚はピンク色ですが、時間が経つとだんだん周りの皮膚と同化していき目立たないようになってきます。

注意点としては、新しい皮膚ができる前にかさぶたが剥がれないようにすることです。
早く剥がれると、そこから出血の恐れがありますので、その部分を掻いたり触ったりしないようにしてください。
色素が沈着する可能性がありますので、治療部分には紫外線を当てないようにしてください。

この2点のことを気を付けるために、絆創膏を通常は貼ります。

治療の効果について

シミの種類によっては効果的なものとそうでないものがあります。
高齢者が老化による皮膚の変かが原因である、老人性色素斑については効き目がありますが
額や頬または目や口の周りに左右対称にできる褐色のシミに対しては効き目がありません。

また、できたばかりのシミについてはすぐに取り除くことができますが、古いシミについては数回の治療が必要となってきます。
長い年月をかけて沈着していったシミについては、皮膚の表面ではなく奥の方を焼かないといけないため
何回も時間をかけて治療を行う必要があるのです。

費用について

かかる費用は、シミの大きさで変わってきます。
保険は適用できず、5mm程度の大きさで1万円~1万5千円くらいとなります。

また、クリニックによってレーザーの種類も多々あるので受ける前にはよく説明を受けてください。
レーザーの場合も人によって効果が違ってくるため、受ける前に医師に相談の上納得して治療を行うようにしましょう。

化粧品ならシミトリーがいいですよ。

20代に人気の化粧下地-20代の肌質に合った化粧品選び

メイク用品は、今ではプチプラと呼ばれるものからデパートコスメと呼ばれるものまでさまざまな製品が販売されています。
また、種類も多いのですが近年では「化粧下地」を大切にされている方も多いようです。
年代などによっても実は化粧下地を選ぶことは重要だとごぞんじでしょうか。
今回は20代の方々のための化粧下地の選び方ポイントというものについて考えていきましょう。

毛穴の悩みについて

20代であっても毛穴の開きなどが気になる方もいらっしゃるでしょう。
皮脂が角栓となって毛穴の開きを助長させてしまうなどということもあるようです。
洗顔などで対策をしているという方も多いでしょう。
しかしながら、肌質によってはなかなか改善が見られないということもあるようです。
皮脂成分が多いと毛穴が開くというイメージがあると思いますが、そればかりではなく乾燥からくる毛穴の開きというものもあるのです。

ニキビ・吹き出物

皮脂の分泌が過多となってしまったり、ホルモンバランスを崩してしまうと出来てしまうのがニキビ・吹き出物でしょう。
メイクでカバーをしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
スキンケアを見直すという意味合いにおいても大切な対策方法ではありますが、その状態にあった化粧下地を選ぶということも同様に大切だといえるでしょう。
また、皮脂の分泌過多ばかりではなく、乾燥からくるものやストレスから出来てしまうものなどもあるのです。

肌荒れ・かさつき

ストレスや生活環境または肌質や季節的な要因とさまざまなきっかけで悩みがちなのが肌荒れやカサつきでしょう。
女性においては、月経との関係性も大きくあるかとも思います。
長年悩んでいるという場合もあるかと思いますので、上手にカバーし改善していくことが大切といえるでしょう。

人気の化粧下地の基準とは

さて、悩みについて知ったところで、人気の化粧下地のポイントについて見ておきましょう。
人気なのは先のような悩みに対応できる「カバー力」に優れた化粧下地が20代の方々には人気となっているのです。
メイク環境を快適にするためにも、そして悩みをカバーしてより美しくみせるためにもこうした化粧下地選びに重きを置いているという声も多いのです。

下地のほかにも考えておきたいこと

もちろん、こうしたカバーをするということも快適な環境をつくる要素の1つではありますが、そればかりではありません。
長い目で見たときに、年代を重ねても美しくあることにおいてもポイントとしていただくと良いでしょう。
そのような視点で化粧下地を考えたとき、「スキンケア効果」も期待できるのをおすすめしたいと思います。

今はまだ若いから大丈夫?

20代の肌はまだまだ「若い」といっても過言ではありません。
実際にこの年代の方は、肌の老齢化ということについて考える機会も少ないでしょう。
しかし、30代・40代と年齢を重ねていく上において、より若々しくあるためには今のタイミングから肌というものについて考えていただくのが良いでしょう。
そうしたためにもスキンケア効果があるものをチョイスするのは有意義なことといえるのです。

後悔をしないためにも

「あのときしっかりとケアしておけばよかった」「吟味して化粧下地をつかっておけばよかった」そのような後悔をしても、肌質や素肌そしておざなりにした時間は戻ってくることは無いのです。
このことからでもお分かりいただけるように、今現在の肌というばかりではなく先の自分を見据えて化粧下地を選んでいただければと思います。
化粧下地にそこまでナーバスになる必要性があるのか?と思われるかもしれません。
しかし、下地は直接肌に触れるものでもありますので肌に対する影響も考えられるのです。
そう考えると、いかにしっかりとした化粧下地選びが必要であるかお分かりいただけるのではないでしょうか。

口コミ情報などをチェックしてみよう

今では、口コミ情報などもインターネットを用いて簡単にしていただくことができます。
パソコンばかりではなくスマートフォンからでもアクセスしていただけますので、実際の製品ごとの利用者の声を参考にしつつ自分の肌質やスタンスにあったものを選んでみてはいかがでしょうか。
カバー力が高くスキンケア効果においても十分に期待できる製品は数多くリリースされているのです。
成分などにもできれば注目をして、肌に対する刺激や負担が少ないものをチョイスしていくというのもお勧めの選び方の1つとなっています。
多くの製品を知り、吟味していきましょう。

大切にしたい化粧下地選び

今回は、20代の方々の化粧下地選びについて考えていきました。
多く抱きがちな悩みを知ることによって、スキンケアタイプの化粧下地を購入される際も「どこを基準とすればよいのか」ということがお分かりいただきやすいかとも思います。
快適な肌環境・メイク環境を整えるためにもぜひとも参考にしていただければと思います。